【重要】新型コロナウイルスに関する移住定住支援の対応について

【補助金】一次産業を独立経営する際の補助

補助金を利用して頂く際に、事前に確認していただきたい項目をまとめていますので、かならずご確認ください。

補助金を利用する前の注意点

制度概要

制度名称 移住者農林水産就業補助金(県の補助金)
補助限度額 500,000円(補助率10/10)
補助対象者 和歌山県内の移住推進市町村の支援を受けて同市町村へ移住するまたは移住した60歳未満かつ移住後3年以内の方で、農林水産業を独立経営し、10年以上定住する意志のある個人

  • 農業

一定規模の耕作(例:露地野菜10a以上、施設野菜5a以上若しくは果樹20a以上等)、又は一定規模以上の畜産物を飼養(例:肉用牛(繁殖経営)5頭以上若しくは採卵鶏300羽以上等)すること。

  • 林業

一定規模の建築用材又は特用林産物(例:センリョウ5a以上、シキミ30a以上、サカキ50a以上、製炭4,000㎏(年間)以上等)を生産すること。

  • 漁業

自ら独立経営し、漁業協同組合員資格を有すること

詳細 和歌山LIFE HP内